MENU
最大70%OFF!?電子書籍サイト比較

ebookjapanの口コミ評判。お得な使い方を徹底解説。

「ebookjapanってどんなサービス?」「ebookjapanの評判は?」「ebookjapanをお得に使う方法を知りたい」

この記事では、ebookjapanが気になるあなたに役立つ、こんな情報を掲載しています。

  • ebookjapanのサービス概要
  • ebookjapanの料金システム
  • お得に使うテクニック
  • メリット・デメリット
  • ebookjapan利用者の口コミ
目次

ebookjapanとは

ebookjapanはPayPayとの連動でお得な還元ポイントが貰える電子書籍サービスです。

運営会社はイーブックイニシアティブジャパン

ebookjapanを運営するのは、イーブックイニシアティブジャパン。

「Yahoo!」「PayPay」「LINE」「ZOZO」などと同系列の会社です。

電子書籍で一番怖いのが「会社の倒産やサービス終了で買ったマンガが読めなくなる」ということ。

eebookjapanを運営するイーブックイニシアティブジャパンの場合は、運営会社が大きなグループの企業なので、サービス終了のリスクは低く、なにかあったときも誠実な対応が期待できますね。

料金形態

まずはebookjapanの料金や読める作品を紹介していきます。

電子書籍サービスは「独自通貨をチャージしてマンガを購入する」システムのものが多いですが、ebookjapanはチャージ式ではなく、購入のたびにお金を支払います。

強いて言うなら「PayPay残高のチャージ」が、ebookjapanのチャージ機能のようなものですね。

ポイント還元もTポイントやPayPayで行われるので、非常にシンプルでわかりやすい方式になっています。

無料で読める範囲

作品によっては「1話無料」「1巻無料」「数巻無料」などの無料配信を行っているものがあります。

2022年2月時点で、無料作品の取り扱いは5,000冊以上。

基本的に無料なのは途中までですが、ポイント還元や割引クーポンを活用すれば、定価で全巻買うよりもかなりお得にマンガを読むことができます。

月額プラン・読み放題プランの価格

ebookjapanには、月額プラン・読み放題プランの取り扱いはありません。

ebookjapanのお得情報・クーポン

まず初回登録時に「すべてのまんが・本が対象の半額クーポン」が貰えます。

「1購入につき最大500円まで」という制約がありますが、6回までの購入に使えるので、最大3,000円分の割引が受けられます。

有効期限が「初めてのログインから60日間」と余裕があるので、慌てて買う必要がないのも嬉しいポイントです。

他にも「PayPay残高還元」や「作品ごとのセール」なども頻繁に開催されています。

漫画の作品数・ラインナップ

作品数は2022年2月時点で約15万作品・85万冊以上。

電子書籍業界でも、かなり多く揃っている作品数です。

ebookjapanで掲載されている作品のジャンルはこちら。

  • 少女・女性向けまんが
  • 少年・青年向けまんが
  • TL(ティーンズラブ)
  • BL(ボーイズラブ)
  • ハーレクイン
  • ライトノベル(ラノベ)
  • 文芸・ビジネス・実用
  • まんが雑誌
  • 雑誌・グラビア
  • アダルト

特にBL作品は、ebookjapanのオリジナルレーベル「BLfranc」を持っていたりと、かなり力を入れている印象です。

ebookjapanの特徴(メリット)

まずは、ebookjapanのメリットとなる特徴を紹介します。

PayPayと連動したキャンペーンが優秀

「毎週金曜日はPayPay払いで最大20%還元」などPayPayと連動した還元キャンペーンが頻繁に開催されています。

20%還元はYahoo!プレミアム会員のみですが、通常ユーザーでもPayPay残高決済をすれば16%還元されるので、かなりお得な還元制度です。

Yahoo!プレミアム会員・ソフトバンクユーザーにはさらに恩恵あり

ebookjapanはyahoo系列のサービスで「Yahoo!プレミアム会員」や「ソフトバンクユーザー」にはさらに大幅なPayPay還元などの恩恵があります。

Tポイントが貯まる・使える

ebookjapanでマンガを購入したときに貯まるのは「Tポイント」。

さらにマンガの決済方法として「Tポイント」を使用することが出来るので、Tポイントをうまく活用したいユーザーには便利なサービスです。

画質が良い

ebookjapanは電子書籍業界の中でも「画質が良い」と評判です。

マンガなので普通に読んでいる限りはあまり感じられない程度の差ですが、ズームした場合にけっこう違いが出る様子です。

背表紙本棚機能がある

買った本を一覧から選ぶ時に、実際に本棚に並べたように背表紙で表示する機能があります。

あまり大きな違いではありませんが「コレクションするワクワク感」を楽しみたい人には嬉しいサービスです。

昔の作品が充実している

ebookjapanでは、他の電子書籍サイトではなかなか見つからない、30年以上前に出版されたような昔の作品も配信されています。

「手塚治虫」「永井豪」「横山光輝」「ちばてつや」「竹宮惠子」「萩尾望都」「さいとう・たかを」などの作品も充実しているので、昭和のマンガを電子書籍で楽しみたい人にも最適です。

ebookjapanの特徴(デメリット)

続いて、ebookjapanのデメリットとなる特徴です。

PayPayがないとお得度は低い

ebookjapanのメインの割引は「PayPay使用時に還元キャンペーン」。

通常のセールやクーポン配信もあるのですが、他社と比べるとやや弱い印象です。

PayPayを利用しないユーザーは、お得度が少し低いように感じます。

サービス統合で改悪した?

ebookjapanは2019年2月にYahoo!ブックストアと統合されたサービスです。

サービス統合時に

  1. アプリの使い勝手が悪くなった
  2. 背表紙本棚機能がなくなった
  3. 決済方法が減った
  4. Yahoo!IDを取得して引き継ぎをする手間が増えた

などの「改悪」によるクレームが続出していました。

しかし、統合から2年経ち、アプリの使い勝手はかなり改善され、背表紙本棚機能も復活しています。

決済方法は旧ebookjapan時代から一部減ったものの、新たにPayPay決済が増えましたし、クレジットカードやキャリア決済などの一般的な方法は使用できるので特に問題はありません。

引き継ぎの手間も、新たにebookjapanに登録するユーザーには関係のない話。

今からebookjapanを利用開始するユーザーは、過去の改悪騒動はあまり気にする必要はなさそうです。

ebookjapan利用者の口コミ評判

初回登録で貰える、半額クーポンは特に評判が良さそうです。

他にも定期配信されるクーポンやPayPayと連動したキャンペーンも人気です。

よくある質問

支払い方法は?

Yahoo!ウォレット、クレジットカード、PayPay残高、Tポイント、ソフトバンクまとめて支払い、ワイモバイルまとめて支払い、ドコモ払い、auかんたん決済、WebMoney、BitCash

解約方法は難しくない?

月額制のシステムはないので、解約などの手続きは必要ありません。

無料でも楽しめる?

2022年2月時点で5,000冊以上の無料コミックの取り扱いがあります。ただし「1巻無料」や「途中まで無料」の作品がほとんどで、最後まで無料の作品はごくわずかです。

まとめ

この記事で紹介した、ebookjapanの魅力はこんな感じ。

  • PayPayユーザーやYahoo!プレミアムユーザーは還元の恩恵が大きい
  • 初回登録時に貰えるクーポンの使い勝手が良い
  • 自社BLレーベルや、昔のマンガなど、特定の強いジャンルを持っている

PayPayを活用する人にはかなりお得に使える電子書籍サイトとなっています。

初回登録で貰えるクーポンの有効期限が60日間あるので、すぐに大量購入しない人にも優しい設定なのが有り難いですね。

※本記事は執筆時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。詳細は、各サービスの公式サイトをご確認ください。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる