闇金

闇金利用で口座が凍結されるって本当?凍結された場合の対処法を紹介

闇金を利用すると口座が凍結される可能性があります。『客振り』という不正利用をされることで犯罪に加担していると判断されるからです。早めに対処しなければ、残高を被害者に分配されてしまいます。紹介する対処法を実施し、口座凍結を解除しましょう。

口座が凍結されるのはどんなとき?

そもそも口座はどのようなときに凍結されるのでしょうか?必ずしも闇金が理由で凍結されるケースばかりではありません。代表的な凍結の理由を確認します。

相続や債務整理の際に凍結されることも

犯罪が疑われるとき以外にも口座凍結は行われます。例えば口座の名義人が死亡し『相続』が発生したときです。

預貯金の残高は相続財産のため、相続割合を決定する遺産分割協議がまとまるまでは、お金を動かしてはいけません。親族の申し出で名義人の死亡が判明すると、銀行は口座凍結を行い残高を動かせないようにします。

任意整理・民事再生・自己破産といった『債務整理』でも、口座凍結が行われるでしょう。例えば銀行からの借入に関して債務整理すると、対象の口座が凍結され残高が差し押さえられます。

闇金を利用すると口座が凍結される?

『闇金』の利用によっても口座が凍結されるかもしれません。闇金からお金を借りるときには、ほかの利用者が返済する口座を、新たに借りる人の口座に指定するケースがあります。これは『客振り』と呼ばれます。

このように指定すれば、闇金は借入金の回収と新規の貸付を一度に実行可能です。あなたは闇金から借りたお金だと思っていても、実際にはほかの利用者の返済金を受け取ったことになります。

そのため闇金業者の関係者と疑われるのです。そして『犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配金の支払等に関する法律(振り込め詐欺救済法)』により、口座が凍結されます。

知らないうちに犯罪に加担してしまっている状態です。

口座が凍結されるデメリット

口座の凍結にはたくさんのデメリットがあります。実際に使用された口座以外も同一名義であれば凍結され、新規に口座も作れなくなります。さらにそのままにしていれば、残高がなくなってしまう点にも要注意です。

同一名義の口座がすべて利用できなくなる

凍結された口座は『犯罪利用口座』として扱われるため、何もできなくなります。残高があっても引き出せず、入金や振込も不可能です。公共料金の引き落としや給料の受け取りもできません。

日ごろ普通に行っているお金のやり取りが、一切できなくなってしまいます。また、利用できないのは犯罪利用口座だけではありません。同一名義で作成している全ての金融機関の口座が使えなくなります。

給与の支払いは一般的に口座振込で行われます。口座が使えないために、現金で給料を受け取れる仕事しかできないケースも十分あるでしょう。

新規口座の開設も不可能に

今持っている口座が使えなくなるなら、新しく口座を開設すればいいと考える人もいるかもしれません。しかし『新規口座』を開設しようにも、どこの金融機関からも断られます。

取引できる銀行がなくなれば、日常生活にも支障をきたし始めるでしょう。特に近年は政府の後押しもあり、キャッシュレス決済が広まっています。

口座引き落としが利用できず決済方法が現金に限定されれば、普段の買い物にさえ不便を感じるケースが出てくるでしょう。

銀行の預金が分配される

口座が凍結されると、使えなくなる上に、凍結された口座の預金は『分配』されてしまいます。闇金をきっかけに口座凍結したなら、その根拠は振り込め詐欺救済法です。

この法律の目的は、被害者拡大の予防と被害の回復の二つあります。法律のもと凍結した口座の預金は被害額とみなされ、一定期間経過後も口座が凍結されたままであれば、被害者へ分配される仕組みです。

分配を防ぐには、猶予として設けられている一定の期間の間に、犯罪利用口座ではない旨を届け出なければいけません。

犯罪行為を疑われる

客振りが行われた場合、あなたが闇金から借りたと思っていたお金は、ほかの闇金利用者のお金です。利用者のお金を受け取るという点では、闇金もあなたも変わりません。

そのため警察からは犯罪行為を疑われます。ときには一方的に闇金業者の仲間と決めつけられる場合もありますし、疑いの目を向けられる場合もあるでしょう。

犯罪を疑われれば、警察の事情聴取を受けます。事情聴取は精神的な疲労が大きく、場合によっては裁判の内容にも影響するかもしれません。

闇金利用で口座が凍結された場合の対処法

闇金を利用して口座が凍結されたなら、できるだけ早めに対処するのがポイントです。早めに行動しなければ、余計な延滞料を払わなければいけなくなるかもしれません。また根本的な借金問題の解決も急務です。

引き落としの変更手続きをする

さまざまな引き落としに使っている口座が凍結されてしまうと、料金の引き落としができなくなってしまいます。公共料金やクレジットカードなどの引き落としがされなければ、延滞料金が発生するかもしれません。

余計な料金を負担しなくて済むよう、引き落としで支払っている各種料金は、コンビニでの払込に早めに変更して対応しましょう。

闇金との借金問題を解決する

料金の支払い方法を変え、当面の問題をクリアするだけでは、根本的な問題は解決しません。闇金との関係を断ち切らなければ、口座凍結のリスクがつきまといます。

大切なのは『借金問題』の解決です。闇金から借りなくてもいい状態を作れるよう、お金の使い方を見直す必要があります。

自力での解決が難しければ、弁護士に相談に乗ってもらうのも一つの方法です。借金問題を解決するためのアドバイスを受けられます。

闇金利用による口座凍結を解除する方法

凍結された口座は、何もしなければ解除されません。そのままでは新規口座の開設も不可能です。日常生活に欠かせない口座を使えるようにするために、口座凍結を解除してもらうよう相談しましょう。

警察に相談する

まず行うのは『警察』への相談です。銀行は独自の判断で口座を凍結しているわけではありません。警察からの要請で行っています。

そこで銀行へ問い合わせ、要請元の警察を教えてもらいましょう。そして闇金との関わりがないことを証明します。その際に下記の書類をそろえておくといいでしょう。

  • 通帳
  • 利用履歴が分かる明細
  • 闇金業者との取引の経緯が分かる書類

ほかにも求めに応じて必要なものがあれば提出します。闇金の利用についても正直に全てを話しましょう。不正利用ではないと証明できれば、口座凍結は解除されます。

弁護士に依頼する

警察への相談は、一般人が1人で行ってもスムーズにいかないケースもあります。犯罪が疑われている状態のため、闇金業者とのつながりはないと主張しても、当然疑われるでしょう。

中には高圧的な態度で接する警察官もいるようです。そのような状態で身の潔白を証明できる自信がないなら、『弁護士』に依頼するといいでしょう。

口座凍結を扱った経験を持つ弁護士であれば、解除に必要な手続きや、用意すべき書類についてよく知っています。あらかじめ説明を受けた上で警察へ行けるため、落ち着いて進められるはずです。

解除されるまでの期間は?

凍結の解除はすぐにできるものではなく、解除の期間は銀行によってさまざまです。あなたが犯罪者ではないと主張していても、それが本当のことか警察には分からないため、念入りな調査が行われます。

早めに行動しなければ、『振り込め詐欺救済法』に基づき、下記の手順で預金の分配が行われてしまいます。できるだけ早いタイミングで動き出しましょう。

  1. 口座の凍結
  2. 金融機関により犯罪利用口座と疑われると認定
  3. 預金保険機構による『失権のための公告』の実施
  4. 60日以上の期間が経過すると失権
  5. 預金保険機構により30日以上の申請期間を設け分配金支払いの申請受付
  6. 支払請求権の確定
  7. 被害者への支払い

口座の凍結解除後の対応

口座が使えるようになったからといって、そのまま使い続けてはいけません。凍結解除後には口座を解約すると安全です。口座の譲渡や売買に関わった場合にどうなるかもチェックしておきましょう。

口座を解約する

凍結解除された口座は、既に闇金業者に口座番号や名義を知られています。いつまた犯罪に利用されるか分かりません。場合によっては、再び口座凍結されることも考えられます。

犯罪に巻き込まれ口座凍結の被害に遭うリスクを避けるため、口座を解約しましょう。ただし解約前に口座の取引履歴をよく確認しなければいけません。

身に覚えのないお金の動きや、知らない名義からの振込があれば要注意です。

口座を譲渡、売買するのは犯罪

口座の『譲渡』や『売買』を理由に凍結されるケースもあるでしょう。犯罪で用いられる手口のため、『逮捕』されているケースも多い方法です。

口座を新たに開設し譲渡や売買をした場合、利用目的を偽って開設しているため『詐欺罪』にあたります。既に持っている口座の譲渡や売買であれば、『犯罪収益移転防止法』違反とされるでしょう。

ただし全てのケースで犯罪になるとは限りません。例えば、振込手数料を安くできるから○○銀行で口座を作るようにと闇金業者から指示された場合、口座を作る時点では真の目的を知らない状態です。

この場合には犯罪の要件は満たしません。ただし警察に1人で対応すると、要件を満たしていなくても犯罪とされてしまう可能性があります。逮捕を不安に感じているのであれば、弁護士に相談し警察へ申告するのも一つの方法です。

まとめ

闇金を利用すると口座凍結される可能性があります。客振りといって、返済する利用者の振込先を、新規に借りる利用者の口座に指定する手法により、闇金業者の関係者ではないかと疑われるからです。

口座が凍結されると、入出金はもちろん公共料金やクレジットカードの引き落としもできません。できるだけ早めに料金の支払い方法を変更し、借金問題を解決しましょう。

その上で警察に証拠を提示し、闇金業者と関わりがないことを証明しなければいけません。1人だとうまくいくか不安と感じているなら、弁護士に依頼してもいいでしょう。

凍結が無事解除されたら、犯罪に巻き込まれるリスクを避けるため、口座の解約も必須です。

 

おすすめの弁護士・司法書士事務所

信頼と実績のある事務所をご紹介

女性専用はこちら

オススメ①
ライズ綜合法律事務所

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

おすすめNo.1

無料減額診断・相談はこちら


オススメ②
司法書士法人リーガルリリーフ

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

まずは無料相談

無料減額診断・相談はこちら


オススメ③
司法書士渋谷法務総合事務所

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

相談は何度でも無料

無料相談はこちら


オススメ④
シン・イストワール法律事務所

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

全国対応可能

無料相談はこちら


オススメ⑤
鈴木司法書士事務所

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

家族や会社にバレずに対応

無料相談はこちら


オススメ⑦
アヴァンス法律事務所

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

夜9時まで電話対応可

無料相談はこちら


女性専用
アヴァンス法律事務所(レディース)

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

女性スタッフが対応

無料相談はこちら


 

債務整理弁護士や法律事務所選びのポイント

ココがポイント

  1. 実績が十分にあるか
  2. 費用が予算以内か
  3. 先生や担当の対応が良いか(自分にあっているか)
  4. 通いやすい立地にあるか
  5. オンライン希望の場合はオンラインで対応可能
借金地獄から抜け出せない場合は、任意整理や個人再生などの債務整理を行うのも方法のひとです。借金返済が厳しい方は、まずは債務整理を得意とする司法書士に相談することをおすすめします。

-闇金