PICKUP 債務整理

ギャンブルで借金を返せない人必見!おすすめの3つの対策と繰り返さないためのポイントを徹底解説

「ギャンブルによる借金が返せない……」
「どうやって返済していけばいい?」
「ギャンブル中毒から抜け出したい」
と考えている人も多いのではないでしょうか。

ギャンブルにを何度やめようと思っても繰り返し行ってしまい、気がつけば借金が限度額いっぱいにまで増えているという状況になる方は多いです。
生活が満足にできず、毎月の返済期日に間に合わなくなった状態を、何とかして脱出したいですよね。

ギャンブルによる借金を減額し、きっちり返済できるようにする方法が「債務整理」です。

この記事では債務整理を含む借金の対策方法や、おすすめの相談先について紹介します。

この記事を最後まで読むことで、借金減額の方法を理解できるだけでなく、自分に合う対処法を見つけられるでしょう。

ぜひ最後までチェックしてみてください。

 

いますぐ無料相談!

債務整理におすすめ弁護士特集

 

ギャンブルによって借金が返せない時に起こる不利益3つ

こちらでは、ギャンブルによって借金が返せない時に起こる不利益3つを紹介します。

  1. 遅延損害金が発生してしまう
  2. 督促状が送られてしまう
  3. 資産の差し押さえに発展する可能性がある

ギャンブルによってできた借金を、ギャンブルで取り替えそうとして借金が膨れ上がるケースも少なくありません。

一度でも借金が返せなくなると、様々な状況で不利になる可能性があります。ギャンブルによってできた借金を返せなくなると、どのような状況になるか、確認しておきましょう。

1.遅延損害金が発生してしまう

借金を期日までに返済できない場合、「遅延損害金」という損害賠償金が発生します。
遅延損害金は返済を滞ってしまった期間によって異なりますが、借りている金額に対して年利20%ほどで上昇していくケースが多いです。

そのため滞納期間が長いほど、返済額がどんどん増えていってしまいます
遅延損害金は通常の利息に加えて発生するため、さらに返済が厳しくなってしまうでしょう。

借金の返済を先延ばしにしても、決して良いことはありません。返せないと分かった時点で、弁護士などに相談して、早期に対応することをおすすめします。

2.督促状が送られてしまう

返済が滞っているにも関わらず、連絡や返済を放置していると、借り入れ先から「督促状」が届きます。

督促状とは、滞納金の返済を促す書類で、放置し続けてしまうと借り入れ先が「法的措置」を取る可能性があります。

督促状によって借金がバレて、人間関係のトラブルに発展することも珍しくありません。

3.資産の差し押さえに発展する可能性がある

督促状を無視してしまうと、裁判所を介した手続きが行われ、以下の書類が届く可能性が高まります。

  • 支払督促
  • 訴状

支払督促とは、書類審査のみで行う手続きで、裁判所書記官が金銭の支払いを求める制度のことを言います。

裁判所からの通告を無視してしまうと不動産競売や、給与・銀行口座差し押さえに発展してしまうかもしれません

 

家族や会社に知られず対応!

無料診断してみる

 

ギャンブルの借金が返せない時の対策2選

借金を返せない状態で放置してしまうと、様々な不利益が生じます。

とはいえ現金がないと「返したくても返せない」という状況になりかねません。

そこでこちらでは、借金が返せない時の対策を2つ紹介します。

  1. 債務整理
  2. おまとめローン

借金の返済が苦しいと感じている人や、すでに返せないと感じている人はぜひ参考にしてみてください。

1.債務整理

ギャンブルによる借金を返せなくて困っているのであれば、債務整理がおすすめです。債務整理とは借金を減額したり、免除したりする手続きのことを言い、以下の3種類の手続きがあります。

  1. 任意整理
  2. 自己破産
  3. 個人・民事再生

任意整理とは無理なく完済するために、毎月の返済額や返済方法を調整する手続きのことで、合意した総額を3~5年かけて返済していきます。

利息がカットされるケースが多いため、借金負担が軽くなりやすいです。

自己破産は、裁判所に申し立てをして「免責許可」をもらうことで、借金を返済する必要がなくなります。

しかし、手続中は公的な資格を使った仕事ができなくなったり、10年間ブラックリストに登録されたりとデメリットも多いです。

個人・民事再生とは、借金を最大90%まで減額し、残った金額を3~5年で返済していく手続きのことをいいます。

いずれも借金の減額につながる手続きなので、自分の借金額に合わせて最適なものを選んで利用することがおすすめです。
弁護士や司法書士に相談すれば、最適な方法を提案してくれます。

2.おまとめローンを利用

おまとめローンとは、その名の通り、複数の金融機関からのローンを1つの借り入れ先にまとめることです

借金を一本化することにより、 金利設定や月額返済額が低くなります。返済負担を抑えるためにも非常におすすめの方法だといえます。

例えば年利15%のA社・年利18%のB社からの借金を、年利10%のC社に変えられると、月々の利息がかなり少なくなるでしょう。

ただしおまとめローンを利用できるのは、最低でも2社以上に貸金業者から借りている人です。

場合によっては、金利が下がらないこともあったり、借り入れ先が多すぎると審査に落ちる場合もあったりするため、債務整理とどちらが自分に良いかを考えてみましょう。。

 

お金の悩みプロに相談!

無料相談はこちら

 

ギャンブルによる借金を返すなら債務整理がおすすめ

弁護士や司法書士に依頼して債務整理を行うことで、手続き業務を任せられるだけでなく、自分に最適な方法で借金減額が行えます。

債務整理の大きなメリットは以下の通りです。

  • 利息がカットされる
  • 毎月の返済額が減る
  • 元金が減額されるケースがある

例えば債務整理の1つの手続き方法である任意整理を行うと、利息をカットして元金のみの返済が始まります。
個人再生であれば、元金を最大90%まで減額可能です。

返済総額は確実に減るうえに、毎月の負担も軽減されます。債務整理は国から認められている手法なので、違法性もありません。

他にも、債務整理に取り掛かったことを債権者に知らせる「受任通知」が送付されるため、督促や取り立てが行われなくなるというメリットもあります。

債務整理を行うことで、精神的にも余裕が生まれ、一旦落ち着いて生活も立て直しやすくなるでしょう。

弁護士や司法書士は無料で債務整理の相談に乗ってくれるため、まずは「自分に債務整理が適しているかどうか」を確認してみてください。
中にはインターネット上で、借金がいくら減るのかを無料で確認できるシミュレーターも存在します。

 

 

ギャンブル借金を減らす債務整理におすすめの法律事務所5選

ギャンブルによる借金を減額するには債務整理がおすすめです。この章では特におすすめの法律事務所5選を紹介します。

  1. 安心して依頼できる『ライズ総合法律事務所』
  2. 安く依頼したいなら『司法書士法人リーガルリリーフ』
  3. 気軽に相談したいなら『渋谷法務総合事務所』
  4. 相談料を抑えたいなら『鈴木司法書士事務所』
  5. 初期費用を安くしたいなら『アヴァンス法務事務所』

ぜひ最後までチェックしてみてください。

1.安心して依頼できる『ライズ総合法律事務所』

債務整理 費用
任意整理 申立費用:55,000円~
個人民事再生 申立費用等実費:50,000円
着手金:418,000円
再生委員費用:150,000円~
自己破産 通信費および申立書費用:30,000円
着手金:363,000円~

ライズ綜合法律事務所では任意整理完了後に、借金返済の一本化を行えます。

もし返済が遅れてしまうと、任意整理での和解交渉が決裂してしまう危険性もありますが、ライズ綜合法律事務所では、返済管理を代行してくれるため、金銭の管理が苦手な人にもおすすめです。

他にも減額診断ツールや、何回でも無料で申し込める相談もあるため、不安も解消しやすいです。

借金を減らしたいけど、いくら減らせるかわからないと言う人は、まずは1分で完了する無料診断を始めてみましょう。

無料相談はこちら

 

2.安く依頼したいなら『司法書士法人リーガルリリーフ』

司法書士法人リーガルリリーフは渋谷に事務所を構える法律事務所です。駅からも遠くないため、相談しに行きやすい点も大きなメリットと言えるでしょう。

インターネットで無料かつ匿名で借金減額診断ができるツールがあるため、気になる人はチェックしてみてください。

また、細かな料金等はサイトに掲載されていないため、実際に相談してみることをおすすめします。
メールや電話で事務所に問い合わせることに抵抗がある人は、ぜひ借金減額診断を利用してみてください。

無料減額診断・相談はこちら

 

3.気軽に相談したいなら『渋谷法務総合事務所』

債務整理 費用
任意整理 申立費用:50,000円~
通信費:1社につき2,000円

渋谷に事務所を構える渋谷法務総合事務所も、インターネット上で利用できる無料の借金減額診断があります

口コミは「事務の人が丁寧だった」「事務所が綺麗」など、高評価の多い点が特徴です。

「弁護士と話すのが不安なので、安心できる場所で相談したい」という方は、まずは借金減額診断から試してみてください。

無料相談はこちら

 

4.相談料を抑えたいなら『鈴木司法書士事務所』

鈴木司法書士事務所では、借金に関する相談に加えて、過払い金の調査も無料で行なっています

過払い金は、過去に高い金利の消費者金融に払った利息のことです。
現在の法律で定められている金利以上の利息を支払っていた場合、払いすぎた利息が返ってきます。

具体的には、2010年6月以前に借り入れを開始した方が対象です。

例え過払い金が無くても調査費用はゼロなので、昔から借金を行っている場合は一度確認してみましょう。

もちろん過払い金が無くても、借金減額の債務整理は行なえます。

無料相談はこちら

 

5.初期費用を安くしたいなら『アヴァンス法務事務所』

債務整理 費用
任意整理 着手金:44,000円
個人民事再生 費用:363,000円~
予納金、申立印紙代実費:40,000円
自己破産 着手金:220,000円
成功報酬:77,000円
予納金、申立印紙代実費:40,000円

大阪と東京に事務所を構えるアヴァンス法律事務所は、借金の減額に成功しても、弁護士・司法書士が受け取る「減額報酬」が0円な点が大きな特徴と言えます。

最終的に司法書士への依頼費用が安くなるため、初期費用を安く済ませたい方におすすめです。
また何度でも無料相談ができるため、納得いくまで話を聞きたいと言う人にも向いているでしょう。

無料相談はこちら

 
 

家族や会社に知られず対応!

無料診断してみる

 

おすすめの弁護士・司法書士事務所

信頼と実績のある事務所をご紹介

女性専用はこちら

オススメ①
ライズ綜合法律事務所

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

おすすめNo.1

無料減額診断・相談はこちら


オススメ②
司法書士法人リーガルリリーフ

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

まずは無料相談

無料減額診断・相談はこちら


オススメ③
司法書士渋谷法務総合事務所

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

相談は何度でも無料

無料相談はこちら


オススメ④
シン・イストワール法律事務所

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

全国対応可能

無料相談はこちら


オススメ⑤
鈴木司法書士事務所

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

家族や会社にバレずに対応

無料相談はこちら


オススメ⑦
アヴァンス法律事務所

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

夜9時まで電話対応可

無料相談はこちら


女性専用
アヴァンス法律事務所(レディース)

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

女性スタッフが対応

無料相談はこちら


 

-PICKUP, 債務整理