PICKUP 債務整理

債務整理におすすめの人気弁護士・司法書士事務所14選!選び方も紹介

債務整理ってどこでやってもらえる?
おすすめの弁護士・司法書士を知りたい!
弁護士・司法書士の選び方を教えてほしい

多額な借金により債務整理を行う際は、弁護士もしくは司法書士事務所で対応してもらう方法が一般的です。

しかし債務整理に対応してくれる弁護士や司法書士事務所の選び方が分からない人も多いのではないでしょうか。

この記事では債務整理にあたって、以下の内容を解説しています。

  • 弁護士・司法書士の選び方
  • おすすめの弁護士・司法書士事務所
  • 債務整理の種類

この記事を読めば、債務整理に向けて行動できるようになり、苦しい借金が楽になります。専門家の受任通知発送により、債権者からの取り立てで悩むこともなくなるでしょう。借金でお悩みの方はぜひご一読ください。


監修:弁護士 力武伸一
東北大学法科大学院修了。岩永法律事務所(現:弁護士法人岩永・新富法律事務所)にて勤務後、2018年に長崎県長崎市に力武法律事務所を開業。「皆様にとってより身近な法律事務所でありたい」を理念として掲げ、事件の種類や難易を問わずに取り扱っております。依頼主の不安を「より早く」大きな安心に変えることを意識し、法律についても分かりやすい説明を心がけています。
公式ホームページ

債務整理を行う際の弁護士・司法書士の選び方4つ

債務整理の対応をしてくれる弁護士や司法書士を選ぶポイントは、以下の4つです。

  • 費用
  • アクセスの良さ
  • 口コミ・評判
  • 債務整理が得意であること

順番に見ていきましょう。

1.費用

弁護士・司法書士事務所によって費用は異なります。そのため、何社か比較した上で決めるようにしましょう。

債務整理をする借金額によっては、数万円も異なるケースもあります。傾向としては、弁護士よりも司法書士の方が設定は安めです。

債務整理後の支払いを少しでも楽にするために、費用ができるだけ安い事務所を選ぶようにしましょう。

ただし司法書士は、1社で140万円以上の債務には対応できません。自身の状況と費用を考えた上で、選ぶことが大切です。

2.アクセスの良さ

事務所が自宅や職場の近くにあるなど、アクセスの良さにもこだわりたいところです。債務整理を依頼する際は、何度か事務所へ足を運ぶことになります。

アクセスの良い事務所を選べば、債務整理にかかる手間が軽くなるはずです。自宅や職場など、生活圏内で足を運びやすい事務所から優先的に選んでみてください。

3.口コミ・評判

安心して利用するために、口コミや評判についても調べてみましょう。債務整理の対応を誠実にしてくれる事務所であれば、必然的に良い口コミが集まるものです。

口コミや評判は、Googlマップの情報やSNSから探してみるといいでしょう。良い口コミが多い事務所であれば、丁寧に債務整理の対応をしてくれるはずです。

4.債務整理が得意であること

ホームページなどを見てみて、債務整理に強い弁護士・司法書士事務所かも確認しておきましょう。

弁護士や司法書士は、事務所によって債務整理の得手不得手があります。ホームページ上で債務整理について大々的に打ち出していたり、減額事例を紹介していたりする場合は、債務整理が得意分野であると判断していいでしょう。

債務整理が得意ではない事務所に依頼してしまうと、借金や金利の減額に失敗してしまう恐れがあるので注意してください。

債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所14選

債務整理におすすめの弁護士事務所・司法書士事務所を紹介していきます。借金問題なら何度でも無料で相談できる事務所が多いため、費用が心配だと感じる方でも相談しやすいでしょう。それぞれ解説していきますので、ぜひチェックしてみてください。

司法書士法人 杉山事務所

司法書士法人 杉山事務所では、毎月3,000件以上の相談に対応しています。

2009年8/29号の「週刊ダイヤモンド」では、『消費者金融が恐れる司法書士No.1』として紹介されました。債務整理のなかでも、過払い金返還請求に特化しているのが大きな特徴です。全国9事務所で過払い金請求の無料相談も開催していて、遠方には出張で対応しています。

過払い金請求だけでなく、任意整理・個人再生・自己破産にも対応可能です。予約すれば営業時間外でも対応してくれるため、仕事が忙しい人でも安心です。

過払い金の調査・借金の相談・着手金・初期費用は無料となっています。自己破産・個人再生は実費が別途必要になりますので相談時に確認しておきましょう。

事務所名 司法書士法人 杉山事務所
住所 〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波2-3-7 南海難波御堂筋ウエスト8F
対応時間 9:00~19:00
無料相談有無 あり
任意整理 着手金:無料
基本報酬:11,000円(税込)~
減額報酬:不明
自己破産 基本報酬:440,000円(税込)
※印紙代等の実費は別途
※管財人費用は別途
個人再生 住宅ローンなし:440,000円(税込)
住宅ローンあり:550,000円(税込)
※印紙代等の実費は別途
※再生委員費用は別途

無料相談はこちら

渋谷法務総合事務所

債務整理のために「借金専用相談窓口」を設けているのが、司法書士 渋谷法務総合事務所です。債務整理・過払い金返還業務では、全国各地で相談会も開催しています。

借金の減額方法をチェックできる無料診断も用意されているので、まずはチェックしておくと良いでしょう。無料の減額診断は匿名で受けることが可能で、個人情報の秘密も厳守されているため安心です。診断を受けたあとは、借金問題・債務整理について司法書士に具体的な相談をすることもできます。

ただし任意整理以外の債務整理に必要な費用は、公式サイトからの確認ができません。事前に必要な費用をチェックしたいなら、まず無料診断を受けたうえで司法書士に相談してみましょう。

事務所名 司法書士渋谷法務総合事務所
住所 〒150-0011
東京都渋谷区東2丁目22-14 ロゼ氷川6階
対応時間 平日10:00~18:00
無料相談有無 あり
任意整理 相談料:無料
着手金:20,000円(税込)~
基本報酬:無料
減額報酬:10%(税込)
自己破産 別途相談が必要
個人再生 別途相談が必要

無料相談はこちら

司法書士法人リーガルリリーフ

司法書士法人リーガルリリーフは、完全無料での借金減額診断を実施しています。借金減額診断の利用にあたり、実名を使用する必要はありません。「どのくらい借金があるか」「何社から借り入れをしているか」などの質問に、自分が分かる範囲で答えるだけです。

匿名で借金減額診断を受けたあとは、専門家である司法書士に完全無料で相談できます。個人情報は診断や相談以外の用途で使用されることはないため安心です。

診断結果は電話またはメールで受けられます。家族や知人など周囲に知られないよう配慮してもらうことも可能です。実名での借金相談に抵抗があるなら、まずは司法書士法人リーガルリリーフの借金減額診断を利用してみましょう。

事務所名 司法書士法人リーガルリリーフ
住所 〒150-0011
東京都渋谷区東2丁目27-10 TBCビル3階
対応時間 24時間
無料相談有無 あり
任意整理 相談料:無料
着手金:20,000円(税込)~
基本報酬:無料
減額報酬:10%(税込)
通信費:5,000円(税込)
自己破産 別途相談
個人再生 別途相談

無料減額診断・相談はこちら

アース法律事務所

「身近な法律家」として借金の相談に乗ってくれるのが、アース法律事務所です。債務整理だけでなく以下のような業務にも対応しています。

  • 詐欺被害
  • 債権回収
  • 不動産問題
  • 相続
  • 労働問題
  • 離婚
  • 交通事故
  • 一般企業法務

「詐欺被害で借金を抱えた」という場合には、トータルで任せられて安心です。

通常の法律相談では30分5,500円(税込)の費用がかかります。しかし借金問題なら相談は無料です。さらに残債のない債務の調査や過払い金請求については、着手金もかかりません。債務整理の費用は、無理のない範囲での分割払いにも対応してくれます。

事案によっては完全成功報酬での受任も可能であるため、費用の心配をせずに依頼できる仕組みです。

事務所名 アース法律事務所
住所 〒105-0004
東京都港区新橋2-12-5 池伝ビル5階
対応時間 10:00~19:00
無料相談有無 あり
任意整理 相談料:無料
着手金:1社22,000円(税込)
基本報酬:1社22,000円(税込)
減額報酬:11%(税込)
自己破産 着手金:330,000円(税込)~
個人再生 住宅ローンなし:330,000円(税込)~
住宅ローンあり:440,000円(税込)~

無料相談はこちら

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所(旧・岡田法律事務所)は、債務整理に特化している弁護士法人です。設立当初から債務整理に力を入れているため、豊富なノウハウと経験を有しています。

もちろん債務整理のような民事事件だけでなく、刑事事件についても対応可能です。

債務整理の相談は何度でも無料で、電話での問い合わせには土日・祝日も対応しています。電話で説明するのが難しいと感じるのなら、メールでも相談可能です。

東京ロータス法律事務所では、和解金の支払い代行にも対応しています。そのため任意整理後の返済忘れも防ぎやすいでしょう。ただし支払い代行を利用するなら送金管理手数料1,100円(税込)が必要です。支払い代行の利用を考えているのなら、依頼時に相談しておきましょう。

事務所名 弁護士法人 東京ロータス法律事務所
住所 〒110-0015
東京都台東区東上野1-13-2成田第二ビル2階
対応時間 平日10:00~20:00 土日祝日10:00~19:00
無料相談有無 あり
任意整理 相談料:無料
着手金:1社22,000円(税込)
基本報酬:1社22,000円(税込)
減額報酬:11%(税込)
諸費用:1社5,500円(税込)
自己破産 着手金:220,000円(税込)
報酬金:220,000円(税込)
諸費用:55,000円(税込)
管財人引継予納金:200,000円(非課税)~
個人再生 着手金:330,000円(税込)
報酬金:220,000円(税込)
諸費用:55,000円(税込)
住宅ローンあり:110,000円(税込み)

無料相談はこちら

ひばり法律事務所

墨田区にあるのが、弁護士法人 ひばり法律事務所(旧・名村法律事務所)です。ひばり法律事務所では特に借金問題に力を入れています。債務整理を考えているのなら、公式サイトのコラムもチェックしてみましょう。その他に離婚や相続など、さまざまなトラブルの相談に乗ってくれます。

借金問題なら相談は無料です。その他の依頼については相談料が発生しますので問い合わせましょう。営業時間は平日18:00までですが、電話相談は19:00まで受け付けています。またメールでの相談も可能です。

過払い金請求は着手金・報酬金ともに0円ですが、成功報酬・実費・経費がかかります。完済している借金があるなら、過払い金請求についても相談してみましょう。

事務所名 弁護士法人 ひばり法律事務所
住所 〒130-0022
東京都墨田区江東橋4-22-4
対応時間 10:00~19:00
無料相談有無 あり
任意整理 相談料:無料
着手金:1社22,000円(税込)
基本報酬:1社22,000円(税込)
減額報酬:11%(税込)
経費:5,500円(税込)
自己破産 着手金:220,000円(税込)~
報酬金:220,000円(税込)~
経費:1社あたり5,500円(税込)
※予納金や管財費用などは別途
個人再生 着手金:330,000円(税込)~
報酬金:220,000円(税込)~
経費:1社あたり5,500円(税込)
※予納金や再生委員費用などは別途

無料相談はこちら

アヴァンス法務事務所

債務整理や時効援用などに力を入れているのが、アヴァンス法務事務所です。アヴァンス法務事務所では、借金問題を完済まで手厚くサポートしてくれます。

債務整理では、手続きが終わると委任契約が終了してしまうのが一般的です。しかし支払い・管理サービスの「アヴァンス・アシスト」を利用すると、手続き完了後も委任契約が継続。支払いの管理・代行をしてくれるうえに、病気やけがなどで返済が困難なときはサポートもしてくれます。

さらに「アヴァンス・リニュー」では、返済ができなくなったときの再和解のサポートを実施。債務整理の手続き完了後に不安を感じているのなら、手厚いサポートを用意しているアヴァンス法務事務所がおすすめです。

事務所名 アヴァンス法務事務所
住所 〒541-0041
大阪府大阪市中央区北浜2-2-22北浜中央ビル3F
対応時間 平日9:30~21:00 土日祝 9:30~19:00
無料相談有無 あり
任意整理 相談料:無料
着手金:1社55,000円(税込)
基本報酬:無料
減額報酬:11%(税込)
自己破産 着手金:352,000円(税込)
予納金・申立印紙代など:40.000円程度
※管財費用は別途
個人再生 住宅ローンなし:418,000円(税込)
住宅ローンあり:473,000円(税込)
予納金・申立印紙代など:40,000円程度

無料相談はこちら

ベリーベスト法律事務所

2021年12月までの段階で28万件以上の相談実績を持つのが、ベリーベスト法律事務所です。債務整理以外にも、ベリーベスト法律事務所では以下のような幅広い業務に対応しています。

  • 労働災害
  • B型肝炎訴訟
  • 離婚
  • 債権回収
  • 相続

ベリーベスト法律事務所は全国に60拠点あり、270名以上の弁護士が在籍しています。電話での相談には24時間365日対応中で、借金問題なら弁護士との相談は何度でも無料です。

また公式サイトでは、無料の「借金減額診断」が利用できます。借金減額診断は匿名での利用が可能で、時間は90秒ほどしかかかりません。まずは借金減額診断を利用して、自分の借金がどのくらい減らせるのかをチェックしてみましょう。

事務所名 ベリーベスト法律事務所
住所 〒106-0032
東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル11階
対応時間 24時間
無料相談有無 あり
任意整理 相談料:無料
着手金:負債額10万円未満は無料
基本報酬:1社22,000円(税込)
減額報酬:11%(完済した借金は22%)
事務手数料:1案件につき44,000円(税込)
自己破産 同時廃止:385,000円(税込)
管財事件495,000円(税込)
成功報酬:無料
事務手数料:44,000円(税込)
※管財事件の予納金は別途220,000円(非課税)~
個人再生 住宅ローンなし:495,000円(税込)
住宅ローンあり:605,000円(税込)
事務手数料:44,000円(税込)
※再生委員費用は別途

無料相談はこちら

アディーレ法律事務所

債務整理に強い法律事務所の1つが、アディーレ法律事務所です。アディーレ法律事務所では全国各地への出張個別相談会を実施。さらに弁護士とのオンライン面談にも対応しています。

弁護士への相談は、Web上にある入力フォームを使った仮予約が便利です。電話は土日祝日でも受け付けているため、忙しい方でも相談しやすいでしょう。

自分に合った債務整理の方法を知りたいなら、公式サイトの「債務整理診断」が便利です。イエスかノーで答えると、最短10秒で債務整理のうち、どの手続きが向いているかを調べられます。

金融機関・貸金業者だけでなく、闇金業者の被害についても相談可能です。闇金被害で悩んでいるのなら、アディーレ法律事務所への相談も検討してみましょう。

事務所名 アディーレ法律事務所
住所 〒170-6033
東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60
対応時間 9:00~22:00
無料相談有無 あり
任意整理 相談料:無料
着手金:1社44,000円(税込)
基本報酬:1社22,000円(税込)
減額報酬:11%
自己破産 同時廃止:363,000円(税込)
管財事件:437,800円(税込)
申立事務手数料:55,000円(税込)
※管財費用は別途必要
個人再生 住宅ローンなし:462,000円(税込)
住宅ローンあり:550,000円(税込)
申立事務手数料:55,000円(税込)
※再生委員費用は別途

無料相談はこちら

弁護士法人・響

メディアを通じた情報発信を活発に行っているのが、新宿の弁護士法人・響です。依頼者に寄り添った解決を目標としているため、丁寧な提案をしてくれるでしょう。債務整理以外にも、相続・離婚・刑事事件などさまざまな困りごとについての依頼が可能です。

分割払いもできるため、費用が不安だと感じている方でも相談しやすいでしょう。依頼前には、まず費用を分かりやすく説明してくれます。追加費用が生じるときも、スタッフから事前に案内が行われるため安心です。

債務整理について豊富な実績があるだけでなく、グループ内には税理士・社労士・行政書士なども在籍。独自のノウハウを駆使して、借金問題を解決まで徹底的にサポートしてくれます。

事務所名 弁護士法人・響
住所 〒169-0074
東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階
対応時間 24時間
無料相談有無 あり
任意整理 相談料:無料
着手金:55,000円(税込)~
基本報酬:11,000円(税込)~
減額報酬:11%(税込み)
自己破産 着手金:330,000円(税込)~
報酬金:220,000円(税込)~
個人再生 着手金:330,000円(税込)~
住宅ローンなし220,000円(税込)~
住宅ローンあり330,000円(税込)~

無料相談はこちら

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所では、債務整理・交通事故・消費者トラブルなど、さまざまなトラブルに全国対応しています。また闇金被害や情報詐欺業者への対応実績もある法律事務所です。依頼すると専門性に特化しているスタッフがチームを組み、迅速に解決を目指してくれます。

債務整理の相談は無料で、24時間365日専用のフリーダイヤルで受付中です。公式サイトの「債務整理de借金返済」には、匿名で使える借金の減額診断もあります。コラムも充実しているため、債務整理を考えているのなら事前に目を通しておくと良いでしょう。

分割払いにも対応しているため、「債務整理をしたくてもコスト面で不安を抱えている」という方でも安心して利用できます。

事務所名 弁護士法人 天音総合法律事務所
住所 〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2-3-14 堀留THビル10階
対応時間 24時間
無料相談有無 あり
任意整理 相談料:無料
着手金:55,000円(税込)~
基本報酬:11,000円(税込)~
減額報酬:11%(税込み)
自己破産 着手金:220,000円(税込)~
報酬金:330,000円(税込)~
個人再生 住宅ローンなし:着手金220,000円(税込)~
報酬金330,000円(税込)~
住宅ローンあり:着手金330,000円(税込)~
報酬金330,000円(税込)~

無料相談はこちら

ライズ綜合法律事務所

債務整理・離婚・債権回収などに対応しているのが、ライズ綜合法律事務所です。拠点として大宮・横浜・大阪の3か所に事務所を構えており、全国からの相談を受け付けています。

債務整理は、2011年の事務所設立から2021年12月現在で5万件以上と実績も豊富。

借金問題の相談は無料ですが、債務整理は相談内容により費用に幅があります。ライズ綜合法律事務所では、残債のない債権の調査・過払い金請求は、着手金を免除。分割払いへの対応も行っていますので、実際に債務整理をするにあたって、費用の心配が軽減できるでしょう。匿名で利用できる無料の借金減額診断もあります。債務整理をするべきか迷っているのなら、まずは減額診断を利用してみてください。

事務所名 ライズ綜合法律事務所
住所 〒103-0027
東京都中央区日本橋3-9-1 日本橋三丁目スクエア12階
対応時間 9:00~19:00
無料相談有無 あり
任意整理 相談料:無料
着手金:1社55,000円(税込)~
基本報酬:1社22,000円(税込)
減額報酬:11%(税込)
通信費:2,200円(税込)
自己破産 通信費および申立費用:30,000円(非課税)
同時廃止:363,000円~418,000円(税込)
少額管財:418,000円~473,000円(税込)
※管財人費用は別途200,000円(非課税)~
個人再生 申立費用:50,000円(非課税)
住宅ローンなし:418,000円(税込)
住宅ローンあり:528,000円(税込)
※再生委員費用は別途150,000円(非課税)~

無料減額診断はこちら

サンク総合法律事務所

債務整理をはじめ、さまざまな法律問題に対応しているのが、サンク総合法律事務所(旧・樋口総合法律事務所)です。未公開株被害や刑事事件にも対応していて、法人向けに企業研修の講師なども行っています。

昨今の状況から、インターネットを利用したオンライン面談にも対応中。オンライン面談は、自宅から弁護士に相談したいときや、緊急性の高い相談をしたいときに便利です。また電話相談も随時受け付けており、営業時間外や土日祝日でも時間を調整して対応してくれます。

サンク総合法律事務所では、公式サイトで債務整理にかかる費用の案内を行っていません。相談内容をヒアリングしたうえでの案内となりますので、まずは法律相談を利用してみましょう。

事務所名 弁護士法人 サンク総合法律事務所
住所 〒104-0032
東京都中央区八丁堀4-2-2 UUR京橋イーストビル2階
対応時間 平日9:30~18:30
無料相談有無 不明
任意整理
自己破産
個人再生
相談料:相談時に説明
着手金:相談時に説明
基本報酬:相談時に説明
減額報酬:相談時に説明

無料相談はこちら

鈴木司法書士事務所

債務整理・過払い金返還請求に特化した対応を行っているのが、新宿にある鈴木司法書士事務所です。匿名での借金減額診断を行っており、誰でも気軽に利用できます。

返済中でも完済していても、過払い金返還請求は相談・調査とも無料です。「記憶が曖昧で状況が思い出せない」という状況でも、無料で過払い金があるかを調べてもらえます。

過払い金の調査費用は過払い金の範囲内となっているため、持ち出しは発生しません。また完済していて過払い金が発生しない場合、費用は無料です。

債務整理の費用は状況ごとに変わってくるため、まずはフリーダイヤルから相談してみましょう。分割払いにも対応していますので、相談しやすい司法書士事務所です。

事務所名 鈴木司法書士事務所
住所 〒160-0007
東京都新宿区荒木町3馬場ビル
対応時間 9:00~21:00
無料相談有無 あり
任意整理
自己破産
個人再生
相談料:無料
着手金:相談時に説明
基本報酬:相談時に説明
減額報酬:相談時に説明

無料相談はこちら

債務整理の4種類を解説

債務整理とは債務者の借金返済をスムーズにするために、支払額を軽減したり、ゼロにしたりするための制度です。債務整理は目的に応じて、以下の4種類があります。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払い金請求

それぞれの内容について見ていきましょう。

1.任意整理

任意整理とは契約時点に遡って利息の引き直し計算をしたうえで、現時点の借金にかかる将来の利息をカットして、3~5年かけて返済計画を立てる制度です。債務整理の中で最も軽い制度のため、依頼費用も安く抑えられます。

利息がカットされることで、返済までの期間と金額を大幅に短縮できる可能性があるでしょう。

グレーゾーン金利で借りていた期間がある場合は、現行の法定金利に再計算してくれるので、その分の減額も見込めます。

従業員貸付を利用していて「任意整理を会社に知られたくない」という人も多いものです。しかし任意整理は返済先が選べます。そのため従業員貸付や、保証人がある借り入れは、任意整理の対象から外すことが可能です。

収入が安定していて、3~5年以内に返済できる見込みがある方は、任意整理を検討しましょう。

任意整理の相談がおすすめな人

任意整理は、特に以下のような人におすすめです。

  • 借金の総額が少ない
  • 引き直し計算による減額の見込みがある
  • 従業員貸付や保証人ありの借金など、返済を続けたい借り入れがある
  • 家や車などの財産を残しておきたい
  • 安定した収入が見込める
  • 継続して返済する意思がある

到底返せる見込みがない額なら、任意整理は不向きです。いくつかの借金を選択して整理したいなら、任意整理がおすすめです。

2.個人再生

個人再生とは裁判所から再生計画の認可を受け、3年程度の期間で返済できるように、借金を大幅に減額する制度のことです。家や車などの資産を残しつつ、借金額を負債総額に応じて最大で10分の1まで減額できます。

任意整理とは違い、個人再生は借金の元金そのものを減額できます。

ただし個人再生をした場合は、保証人に対して請求が移ってしまうことは理解しておきましょう。

任意整理での返済が難しそうであれば、借金が減額される個人再生の利用がおすすめです。

個人再生の相談がおすすめな人

以下のような状況なら個人再生が適している可能性があります。

  • 借金総額が5,000万円以下である
  • 借金の理由が浪費やギャンブルである
  • 自己破産だと制限を受ける職業である
  • 住宅ローンの支払い中だが家は残したい
  • 安定した収入がある

浪費やギャンブルが原因だと、自己破産でも負債の免除が認められない可能性があります。しかし個人再生は借金の理由に関係なく手続き可能です。

個人再生と自己破産では、比較が難しいと感じられるかもしれません。その場合は弁護士または司法書士に相談してみましょう。

3.自己破産

自己破産とは借金が返済できる見込みがない場合に、返済額がゼロになる制度です。免責許可決定が確定すると、借金は免除されます。

しかし抱えている借金をすべて手放せるものの、一定額以上の現金や家、車などの財産は手放さなくてはなりません。また個人再生と同様に、保証人に借金の請求権が移る点にも注意が必要です。

自己破産は債務整理の中で最も重い方法になるため、借金で首が回らなくなった時の最終手段といえます。

どれだけ頑張って働いても返せる見込みが無さそうな時にのみ、自己破産を検討してみましょう。

自己破産の相談がおすすめな人

自己破産は、特に以下の状況の人に向いていると考えられます。

  • 借金の額が大きい
  • 家や車などの財産を所有していない
  • 任意整理・個人再生での解決が難しい
  • 安定した収入がない

今後も安定した収入が得られる見込みがないなら、自己破産が適している可能性があります。所有している財産によっては、自己破産を検討してみるのも良いかもしれません。

4.過払い金返還請求

過払い金返還請求とは、契約当初に遡って利息の引き直し計算を行い、払い過ぎた利息を返還してもらう手続きです。計算して過払い金があれば、現在の借金から差し引いて減額できます。また残債よりも多い過払い金があるケースも少なくありません。

過払い金が発生する可能性が高いのは、以下のケースです。

  • 2010年6月以前から借り入れをしている
  • 借金の完済または最後の取引から10年以内である

任意整理の手続きでも過払い金があれば差し引かれる可能性があります。ただし過払い金の請求には期限があるので注意が必要です。過払い金が発生している可能性があるなら、早めの手続きを考えましょう。

過払い金請求の相談がおすすめな人

以下の条件にあてはまるなら、過払い金がおすすめです。

  • 2010年6月より前に契約した借金がある
  • 借金完済から10年以内である
  • 最後の取引から10年以内である

完済している借金でも、過払い金の対象になる可能性があります。利息の引き直し計算は複雑であるため、まずは専門家に相談してみましょう。

債務整理にかかる費用の比較ポイント

債務整理にかかる費用は、依頼先や債権者数などにより大きく違うものです。公式サイトでは通常下限の金額が紹介されています。しかし料金体系だけ見ても「分かりにくい」と感じる方も多いでしょう。そのため相談時には費用の確認が大切です。

債務整理にかかる費用の比較ポイントについても紹介します。どのような費用があるのか、事前にチェックしてみましょう。

着手金

着手金とは、弁護士や司法書士に依頼するときに必要な初期費用です。通常なら着手金は、最初の相談時に支払います。一般的には着手金の支払い後に弁護士や司法書士が業務を開始する流れです。着手金には上限がないため、各事務所で自由に設定できます。

ただし債務整理については「着手金無料」としている事務所も少なくありません。なぜなら借金問題で法的手続きを考える人の多くは、金銭的に困った状況に陥っているからです。

「専門家に相談したいが費用がない」と考えているなら、着手金を設定していない事務所に相談しましょう。着手金無料なら初期費用が不要になるため、借金問題の解決を目指しやすくなります。

報酬

債務整理では、弁護士や司法書士に対する報酬が発生します。報酬とは手続きが成功したときに支払うものです。

任意整理では、債権者1件ごとに費用が設定されます。クレジットカードのキャッシングや消費者金融のカードローンなど、多重債務で複数の借金を整理するなら、件数分の費用が必要です。

自己破産や個人再生は、手続きの内容により金額が変わってくるため注意しましょう。

  • 自己破産……同時廃止または少額管財
  • 個人再生……住宅ローンの有無

相談の段階でどの手続きになるか確認すると、必要な費用の目安になります。

減額報酬

減額報酬とは、減額できた借金に対する報酬です。割合の設定は事務所により違いますが、11~22%に設定している事務所が多い傾向にあります。返済中の借金と完済した借金では、減額報酬の設定が違う事務所も少なくありません。

減額報酬の有無により、債務整理に必要な金額は変化します。あらかじめ費用を明確にしたいなら、減額報酬のない事務所を選ぶと良いでしょう。

諸経費

諸経費とは債務整理の手続きにかかる実費です。一律で手数料を設定している事務所もありますので、事前にチェックしておきましょう。諸経費としては以下が考えられます。

  • 事務手数料
  • 通信費
  • 交通費
  • 弁護士の日当
  • 出張費
  • (自己破産で少額管財の場合)管財人費用
  • (個人再生で再生委員が選任される場合)再生委員費用

状況により諸経費の金額は大きく変わります。特に居住地以外の事務所に依頼するときは、交通費や日当、出張費などについて確認が必要です。

債務整理の費用が払えないときの裏ワザ

「なるべく早く債務整理をしたいが手持ちの費用がない」とお困りの方も多いでしょう。そんなときのために、債務整理の費用が払えない時の裏ワザを2つ紹介します。

  • 分割払いを利用する
  • 法テラスを利用する

それぞれについて解説していきます。

分割払いを利用する

弁護士事務所・司法書士事務所によっては、分割払いや事後払いに対応しています。債務整理の費用が払えないときは、分割払いの利用を考えましょう。費用は3~6か月程度での分割になるのが一般的です。

公式サイトに記載がなくても分割払いに対応してくれる可能性があります。「費用がないから債務整理はできない」と諦めずに、まずは分割払いが可能か相談してみましょう。

法テラスを利用する

費用がないときは、法テラスを利用する方法もあります。法テラスは、弁護士会や司法書士会などと連携している組織です。経済的に余裕がない方のトラブルに対し、法テラスでは無料で法律相談を行っています。また弁護士費用・司法書士費用の立替えも可能です。

費用の立替えを受けるには、「月収や保有資産が一定額以下である」という条件を満たす必要があります。近くに法テラスがなくても条件を満たすなら立替えは可能です。法テラスと契約している弁護士・司法書士に相談してみましょう。

債務整理における弁護士・司法書士の違いとおすすめできる人

債務整理の対応が可能なのは弁護士および司法書士です。しかし「この2つの違いはなんだろう?」と気になる方は多いでしょう。

債務整理における、弁護士と司法書士の違いは以下の通りです。

弁護士 司法書士
対応可能な元金額 上限なし 1社あたり140万円まで
裁判 対応可能 簡易裁判所であれば可能
依頼費用 やや高め やや安め

上記の特徴を元に、それぞれでおすすめの人について解説します。

1.弁護士がおすすめの人

借り入れている元金が1社で140万円以上ある方は、弁護士事務所への依頼がおすすめです。

司法書士では債権会社1社あたりの金額の上限が140万円までと決められているため、多額の借金を抱えている人には不向きとなります。

また弁護士であれば裁判可能なため、仮に裁判が必要でも対応してもらえます。

ただし弁護士に依頼すると費用は比較的高めです。

2.司法書士がおすすめの人

1社あたりの借金額が140万円未満であれば、司法書士がおすすめです。司法書士は弁護士事務所に比べて、安い費用で済ませられる傾向にあります。

借金の返済を楽にするために、多額の費用を支払うことになるのでは本末転倒です。債務整理にかける費用は可能な限り安く抑えたいもの。1社あたりの金額が140万円未満であれば、司法書士の利用を検討すると良いでしょう。

ただし裁判をすることになった場合は、司法書士では簡易裁判所しか対応していない点に注意が必要です。そのため裁判も見越す場合は、借金の額に関係なく弁護士に依頼しましょう。

借金問題なら無料相談窓口の利用がおすすめ

借金問題なら、弁護士事務所・司法書士事務所で開設している無料相談窓口がおすすめです。無料相談窓口では、その人に合ったベストな債務整理の方法を提案してくれます。「自己破産するしかない」と自分では思っていても、任意整理で解決する可能性もあるでしょう。

専門家に相談するときは、借り入れの状況をまとめておくとスムーズです。借り入れしているのが何社で、いくら借金が残っているのかチェックしてみてください。通常はATMの利用控を見ると、借入残高の確認ができます。

改めて調べるのは精神的につらいと感じるかもしれませんが、解決のためにも確認してみましょう。

借金の減額診断の利用もおすすめ

各公式サイトで用意している、借金の無料減額相談も便利でおすすめです。減額診断は基本的に匿名での利用が可能で、10秒~90秒程度と短時間で完了します。どのくらい借金を減額できるかの目安に使えるでしょう。

ただし減額診断では正確な金額までは確認できません。減額診断をしたあとは、専門家に相談すると良いでしょう。正式な金額は、契約書等の書面で必ず確認を行ってください。

女性の債務整理には女性専用窓口もおすすめ

女性の債務整理には、女性専用窓口もおすすめです。専用窓口に連絡すると、知識を持った女性スタッフが対応してくれます。そのため「男性には相談しづらい」と考えている女性でも、借金について相談しやすいでしょう。

24時間対応のフリーダイヤルを用意している事務所もあります。どうするべきか迷っているのなら、1度連絡してみてください。

まとめ

債務整理は自分でも手続きできますが、成功させるなら弁護士もしくは司法書士に依頼するのがおすすめです。借金額や裁判が必要か否かによって、依頼すべき窓口は弁護士か司法書士か異なります。

弁護士と司法書士のどちらをおすすめしたいかを、以下にまとめてみました。

弁護士:裁判にもつれる恐れがある人、1社あたり140万円を超える借金を抱えている人
司法書士:1社あたり140万円未満の借金の人、費用を安く抑えたい人

無料相談を実施している事務所は多いため、複数のところで話を聞いた上で判断するのがおすすめです。

借金は時間が経つごとに返済の労力がかかってしまいます。借金問題解決を目指すなら少しでも早く積極的に、弁護士や司法書士へ相談するようにしましょう。

 

 

おすすめの弁護士・司法書士事務所

信頼と実績のある事務所をご紹介

女性専用はこちら

オススメ①
ライズ綜合法律事務所

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

おすすめNo.1

無料減額診断・相談はこちら


オススメ②
司法書士法人リーガルリリーフ

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

まずは無料相談

無料減額診断・相談はこちら


オススメ③
司法書士渋谷法務総合事務所

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

相談は何度でも無料

無料相談はこちら


オススメ④
シン・イストワール法律事務所

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

全国対応可能

無料相談はこちら


オススメ⑤
鈴木司法書士事務所

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

家族や会社にバレずに対応

無料相談はこちら


オススメ⑦
アヴァンス法律事務所

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

夜9時まで電話対応可

無料相談はこちら


女性専用
アヴァンス法律事務所(レディース)

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

女性スタッフが対応

無料相談はこちら


 

-PICKUP, 債務整理