競馬で借金地獄に陥ったら?借金を減額するなら司法書士への相談が近道

借金問題

競馬で借金地獄に陥ったら?借金を減額するなら司法書士への相談が近道

競馬の負けが重なって生まれた借金を、ギャンブルで取り返そうとする人がいます。もちろんこの方法には現実味がなく、借金地獄に陥ってしまう原因です。借金を作ってしまったら、競馬を辞めて借金を減らすことに注力しましょう。ギャンブルで返済しようと思わずに、別の方法をとることをおすすめします。

 

本記事では、競馬で借金を作る人の特徴や借金を作ってしまった場合の対処法を、詳しく解説します。

 

競馬で借金を作ってしまう人の特徴

競馬で借金を作ってしまう人の特徴

競馬をはじめとするギャンブルに熱中する人は少なくありません。借金を作るほどのめり込んでしまっている人には、次のような特徴があるかもしれません。全員がそうだとは言い切れませんが、以下の特徴を持っていると、借金を作ってしまう可能性があります。

  • ストレス解消が競馬になっている
  • 過去の成功体験に固執している
  • ギャンブル依存症である

 

ストレス解消が競馬になっている

競馬などのギャンブルを始める理由として多い理由がストレス解消です。ギャンブルに勝てると、それまでたまっていたうっぷんを晴らすことができます。しかし、問題は負けてしまった場合。ギャンブルの負けはお金がかかっていることもあって、強いストレスを受けてしまいます。当然、それまで貯まっていたストレスはそのままなので、さらにストレスが貯まっていく一方です。

 

一度でも勝ってしまってストレスを発散した経験があると、負けを重ねても「もう一度発散できるから」とギャンブルに歯止めが掛からなくことも。結果的にそれが悪循環となり、最終的には借金へとつながります。また、悪循環が続いていくと「ギャンブル依存症」になってしまう可能性もあるのです。

 

過去の成功体験に固執している

ストレス解消になっているところでも簡単に触れましたが、過去にストレス発散ができていたり、大勝ちして大金を手に入れたりしていると、その成功体験に固執してしまう人もいます。「過去に大きな勝ちを手にしたことがある」経験は、その人のギャンブルに関する価値観に大きな影響を与えてしまうのです。

 

ここで勝ったら今までの負けを取り返せる」という気持ちがあると、さらに成功体験に固執してしまうでしょう。仮にここで勝ったとしても、高揚感は一時的なので、またその快感を求めてしまうのです。これらが続いていくと、「ギャンブル依存症」に発展します。

 

ギャンブル依存症である

ストレスを解消したい、もう1回大勝ちをしたいなど、これらの状態が続くと「ギャンブル依存症」に陥ってしまう可能性があります。ギャンブルなしでは生きられないだけではなく、そのギャンブルに使うお金をどんどんと浪費してしまいます。経済的な破滅も招きかねないギャンブル依存症は、病院による治療プログラムも用意されているほどなのです。

 

ギャンブル依存症まで発展してしまうと、お金のことまで意識が回っていないことも珍しくありません。結果として、自分の収入や貯金だけでは足りなくなり、借金を作ってしまう可能性もあるのです。

 

競馬で借金ができてしまったら?

競馬で借金を作ってしまった場合、まず初めにやることは競馬を辞めることです。借金ができてしまった事実はどうしようもありません。大切なことは、これ以上競馬による借金を増やさないこと。そのためには競馬から距離を置く必要があるでしょう。

 

間違っても競馬で借金を返そうと考えてはいけません。100円から賭けられる手軽さで、つい配当金の高いレースで一発逆転を狙いがちです。ギャンブル依存症の人だけではなく、過去の勝ち経験を持っている人にも同様の傾向があります。しかし、競馬はギャンブルなので100%勝つ方法などどこにもありません。競馬の借金を競馬で返すなどと考えることはやめ、手始めに競馬を辞めるようにしてください。借金の根源を絶つところから始めましょう。

 

また、借金を返そうとして友人からお金を借りたり、ほかの消費者金融から借りたりすることも避けましょう。形が変わっただけで、借金であることに変わりはありません。当然ですが、闇金融に手を出すのは絶対にいけません。

 

競馬で借金地獄になってしまった人の借金返済方法

競馬で借金地獄になってしまった人の借金返済方法

競馬で作った借金は、競馬で買って返そうとせず、別の方法で返すようにしましょう。いくつかの方法はありますが、できる借金返済の方法は、以下の3つが代表的です。

  • 生活費の見直し
  • 副業で収入を増やす
  • 住み込みの仕事をする

 

生活費の見直し

まずできることとして、生活費の見直しがあります。趣味・嗜好に関する費用を中心に出費を抑えれば、貯蓄を増やすことができます。

 

例えばタバコ・お酒などをすっぱり辞められるのであればやめてしまいましょう。仮にすぐにやめられなかったりしても、徐々に量を減らしていけばそれだけ節約ができます。目標を決めて少しずつ減らしていくことも考えましょう。

 

また、通信費は格安プランや格安キャリアに乗り換えるだけで大幅な費用削減が期待できます。意外なポイントですが、特に変更できない理由がないのであれば変更してしまいましょう。

 

食費も削減できる生活費のひとつですが、極端に削りすぎるのはかえって体に良くありません。量を少なくしたり、お菓子や外食の回数を減らしたりすれば、それなりの節約効果が期待できます。食費は間違っても減らしすぎないようにしましょう。

 

副業やアルバイトで収入を増やす

昨今、色々な副業が巷に溢れています。本職以外でも副業による収入を作り、少しでも返済に充てられるようにするといいでしょう。また、アルバイトをしてもいいかもしれません。本職と合わせれば労働時間が長くなってしまいますが、収入が増えるため返済できる額を増やすことができます。

 

現在の仕事で生活ができているのであれば、副業やアルバイトで稼いだ収入は全額借金返済に充てることができます。日中の時間を確保できるのであれば、ポスティングやコールセンターなど、歩合制で収入が得られるところがいいでしょう。

 

早朝や夜だけしか時間が取れない場合は、文字起こしやアンケートモニター、夜間清掃などが主な候補です。夜勤のアルバイトは深夜割増の関係で単価が高いことも多く、効率よく稼げるかもしれません。ネットや求人雑誌などで探してみましょう。

 

住み込みの仕事をする

住み込みの仕事とは、以下のような仕事を指します。

  • 旅館の仲居
  • 建設現場作業員
  • リゾートスタッフ

これらの仕事は基本的に収入がいいこともあり、特定の職についていないのであれば応募してみるのもいいでしょう。住み込みであれば交通費も不要なので、その分を貯金することができます。場所によっては食事つきの現場もあります。調べてみて気になった人は問い合わせてみるといいでしょう。ただし、中には季節限定の仕事もあるので注意が必要です。

 

借金地獄にならないように競馬を楽しむには?

借金地獄にならないように競馬を楽しむには?

競馬をはじめとするギャンブルは依存性が高く、一度依存してしまうと抜け出すのは至難の業です。心では「やめよう」と思っても、なかなかきっぱりと辞められない人も少なくありません。ギャンブルにはそれだけの中毒性があるのです。

 

それでも競馬やギャンブルが辞められない場合は、掛け金の上限を決めましょう。必要以上の現金を持ち歩かず、キャッシュカードやクレジットカードを持たないのも効果的です。また、自分で歯止めが効かないと感じている人は、家族や友人と一緒に競馬を楽しむのもひとつの方法です。お金を賭けすぎないためにも、ストッパーの存在は大切です。ひとりで競馬に行かないことも抑止力になる可能性があります。

 

競馬は借金をしてまで楽しむものではありません。自分の中でルールを設けたり、静止役を付けたりして、節度ある賭け事として楽しみましょう

 

競馬で借金地獄に陥ったら債務整理も検討しよう

競馬で借金地獄に陥ったら債務整理も検討しよう

競馬で作った借金が膨れ上がってしまったら、債務整理も検討しましょう。後述しますが、自己破産以外であれば借金の理由を問われることはありません。残る方法は以下の3つで、この中からひとつ債務整理の手段を選ぶことになります。

相談の流れとしては弁護士や司法書士に相談をするところから始まります。無料相談を利用すれば、初回相談で費用が掛かりません。担当弁護士・司法書士に事情を説明し、債務整理の手続きを進めましょう。もちろん、無料相談の結果断っても問題ありません。最適な借金解決方法を聞いて、債務整理を依頼するか市内かを判断しましょう。

 

安易に自己破産を選択しない

債務整理に含まれる「自己破産」ですが、競馬で借金を作った場合に自己破産を選択するのはあまり賢い選択ではありません。破産法において、ギャンブルで作った借金は「免責不許可事由」と規定されており、自己破産できないからです。競馬も公営とはいえギャンブルであることに変わりはありません。破産法が適用されるので、自己破産は使えないと考えておく方がいいでしょう。

 

ただし、裁判官に与えられている「裁量免責」が適用されれば、ギャンブルで作った借金でも自己破産が可能になるケースもあります。自己破産を申し出た人の具体的な事情を鑑みたうえでの決定ですが、この権限で自己破産できた例もあります。

 

しかし、裁量責任を得るには、破産管財人による調査を受けなければなりません。つまり管財事件扱いになる可能性があり、そうなってしまえば財産の有無にかかわらず20万円以上の予納金を納めなければならなくなります。ギャンブルの借金で自己破産を選ぶ場合は、慎重になるべきでしょう。

 

困ったら司法書士に必ず相談を

自分がどの債務整理の方法を選べばいいかわからない場合には、弁護士や司法書士に相談しましょう。債務整理は法律上自力でできますが、手続きなどが煩雑なので専門家に依頼する方が得策です。無料相談などで詳しい経緯を隠すことなく伝え、具体的にどれを選べばいいかのアドバイスを受けましょう。

 

債務整理は、相談者によって有利に働く方法が異なります。自分で調べて手続きを進めるよりも、専門家についてもらったほうがいいでしょう。とにかく、まずは無料相談などを利用して弁護士や司法書士に相談することが第一歩。少しでも借金の負担を軽減するには、プロの力を借りることをおすすめします。

 

まとめ

競馬で作ったギャンブルを返済するには、まず競馬を絶ち、今以上に借金を増やさないことが最優先です。借金返済の具体的な方法を弁護士や司法書士と相談することも大事ですが、それ以上に競馬と距離を置けるかどうかが鍵になるでしょう。小さな目標でもいいので、ひとつずつ掲げた目標をクリアして、競馬から離れていくことをおすすめします。それと同時に、債務整理を依頼する弁護士や司法書士も探しましょう。

 

 

おすすめの弁護士・司法書士事務所

信頼と実績のある事務所をご紹介

女性専用はこちら

オススメ①
ライズ綜合法律事務所

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

おすすめNo.1

無料減額診断・相談はこちら


オススメ②
司法書士法人リーガルリリーフ

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

まずは無料相談

無料減額診断・相談はこちら


オススメ③
司法書士渋谷法務総合事務所

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

相談は何度でも無料

無料相談はこちら


オススメ④
シン・イストワール法律事務所

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

全国対応可能

無料相談はこちら


オススメ⑤
鈴木司法書士事務所

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

家族や会社にバレずに対応

無料相談はこちら


オススメ⑦
アヴァンス法律事務所

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

夜9時まで電話対応可

無料相談はこちら


女性専用
アヴァンス法律事務所(レディース)

無料相談署名相談24時間365日対応全国対応

女性スタッフが対応

無料相談はこちら


 

-借金問題